· 

金属3Dプリンターで造形に挑戦! その1

少し画像が粗い為、「なんだこれは?」という感じですね(^^;

昨日、今日と石川県工業試験場にて、

「3次元造形機(金属造形)の操作習得研修」ということで

金属3Dプリンターを利用するための講習を受けてきました。

工業試験場に導入されている3次元造形機はソディック社製「OPM 250L」

という機種で、金属粉末へレーザーを照射し、溶融凝固させることで

積層し造形する金属3Dプリンタです。

写真は実際に金属粉末へレーザー照射している際の一枚ですが、

ピント調整が難しくカバーに反射した別のものにピントが合ってますね(苦笑)


プロモーション動画がYoutubeにありましたので引用しました。

6分程ありますのでご興味のある方はどうぞ。

 

この機種はレーザー照射での積層と切削加工が1台の機械で行える為、

レーザーでの溶融凝固⇒ミーリングで端面処理といった加工が

出来るそうです。

金型の冷却用の水管を加工する場合、これまではマシニングセンタや

フライス加工機で直線でしか対応できませんでした。

この機種を利用すると、必要な部分に最適な形状の水管を

プリンターで造形し、細部を切削加工して精度を高める出来る為、

冷却効率の良い金型を作ることができる利点があるようです。



改めまして今回造形したものがこちらになります。

本来の形状は円錐状の部品ですが、

今回の造形用に不要部をそぎ落として最適化しています。

写真ではいわゆる金属色で仕上がっておりますが、

造形直後の色はもっと錆びている様な色味で表面も粗いものでした。

写真の状態はショットピーニングという表面処理を施しております。

そちらについては次の記事でご紹介したいと思います。

 

 


by M.I