3Dプリンター銃を作りました

輪ゴム銃ですけどね。

データは米国のサイトに落ちていた、フリーのデータに

若干の改良を施しました。

構成はよくあるタイプで

実銃ならハンマに相当する部分に歯車型の部品が居て

フロントサイトから伸ばした輪ゴムを引っ掛けます。

 

歯車はトリガから伸びる爪で普段はロックされています。

トリガを引くと爪が開放され、後は輪ゴム自身のテンションで

歯車を回し、そのまま前方に飛んで行きます。

 

と、言うのは簡単ですが、コレがなかなか上手くいきません。

 

設計では数発連続で撃てる筈ですが、2発以上同時に発射されたり

引っ掛かったりが頻発します。

取り敢えずアヤシイのは機構の肝である歯車部分です。

画像右が純正の歯車なのですが、

 

コイツがまた

ジャムる。

暴発する。

あまつさえ折れる。

で、速攻投げました。

 

左のタイプにして3発は連続して撃てる様になりましたが、

ネットを見ていると、十字とかシンプルな形状も有り、

細かくすれば良いと言う物でも無さそうです。

 

実際の所、設計上の問題なのか、プリンタの精度か、

はたまた出力設定したオペレータ(つまり私自身)の問題か、

なかなか奥が深いですね。

遊んでませんよ?これも仕事です。(多分)

                                T.T